【モンハンライズ体験版】新要素盛りだくさん!

モンハンライズ

こんにちは、こーれん(@kouren_games)です。

今回は、モンスターハンターライズの体験版をプレイした感想を書いていこうと思います。
前作のモンスターハンターワールドから更に新要素を盛りだくさんに詰め込んだゲームになってました!

スポンサーリンク

世界観

ライズでは和風な世界観で忍の里のような村を中心にストーリーが展開されるようです。
モンハンポータブル3rdも和風の雰囲気が有りましたが、
今回は、新モンスターも妖怪をモチーフにしており、
さらに和風ファンタジー色が強い感じになってます。

ワールドに引き続き、NPCが個性的でめっちゃしゃべります。
そして、ハンターもめっちゃしゃべります(笑)
ハンターに見た目以外の個性が出せるので面白いですね!

新アクション

翔蟲を中心にいろいろ出来る事がふえてます。
操作が複雑になるとおっちゃんは大変です…(笑)

翔蟲

翔蟲(かけりむし)を使ってワイヤーアクションのように飛んだり跳ねたり出来ます。
すべての武器種で、多角的な攻撃が出来るようになるのはいいですね!
また、攻撃だけでは無く、移動から回避まで幅広く使えるので狩りのスピード感が増しそうです!

ぶら下がりの操作は翔蟲で飛んだ後に「A」ボタン 操作を把握するまでに結構時間がかかりました…

操竜

操竜(そうりゅう)は、一定条件を満たす事でモンスターに乗って操れます。
前作までの乗り攻撃の立ち位置なのかな?(乗り攻撃も残ってる?)
ただ、拘束からのダウンだけでは無く、操って攻撃を繰り出せるので狩りの幅が広がりますね!

鉄蟲糸技や環境生物のクグツチグモなどを利用し「操竜待機状態」にすることで操竜ができます

鉄蟲糸技

鉄蟲糸技(てっちゅうしぎ)は、翔蟲を利用した武器特有のアクション。
武器の弱点を補ったり、得意分野をさらに強化したり、様々なアクションが追加出来ます。


体験版では、武器ごとに2種類でしたが、
製品版では、複数の中から付け替えて個性が出せるのかな? 楽しみです!

ランスのアンカーレイジ

新マップ

ワールド同様にオープンエリアですべてが繋がったエリアになってます。
ただ、翔蟲の移動を存分に活かせるように高低差がかなりある印象。
壁走りで見える所はどこにでも行けるのも特徴的ですね!

大社跡

オトモガルク

ワールドのオトモダチの進化系。オープンエリアとなったマップを楽に移動できる頼れる相棒です。移動だけでなく攻撃も参加してくれるのでソロでの狩りにも大活躍ですね!

ライズでは、ソロの場合オトモを2匹連れていくことができ、オトモアイルーとオトモガルクを好きな組み合わせで連れていけるとのこと。

また、オトモアイルーはサポート中心、オトモガルクは攻撃中心になる模様。
組み合わせ、悩みますね!

オトモガルクかっこいいですね! オトモアイルーは相変わらずかわいい

環境生物

今回の環境生物はワールドのコレクション要素とは違って、狩りを有利に進めるための効果を持ったものへ変更となっていました。


目的地までの移動中に捕まえながら移動することでハンターを強化したり、
アイテムとして使用できる環境生物をストックしたりと
移動もコンテンツとして昇華させる要素となっていると思います。

ネーミングもしゃれたものが多いですね(笑)

黄ヒトダマドリは、スタミナの最大値を上げる効果があります

最後に

さらに進化したモンスターハンター、楽しみですね!
製品版では、プレイ日記や攻略記事も書いていこうと思いますので
お読みいただけると幸いです。

それでは!

スポンサーリンク
モンハンライズ
スポンサーリンク
こーれんをフォローする
こーれん=げーむず

コメント

タイトルとURLをコピーしました